未分類

Rebuild208を聞いて

Rebuild208、higeponさんによる機械学習プロダクトの開発プロセスまとめの話。

元ネタがあるらしいので後で聞き直す。

機械学習は”いっぱい考えて少し試す”のプロセスが大事で、プログラミングの”少し考えていっぱい試す”とは全く異なるという話。

たしかにパソコンに向かっている間はプログラミング思考でjupyterにガシガシ書くというのをやりがちで、時間ばかり取られて結局うまくいかないということはよくあって、パソコンから離れて車運転したり、シャワー浴びたりしたりしてるときに思考した後に実験走らせた方がうまくいく気がする。

僕自身はディープラーニングなどの非常に処理の重い学習は今のところしてないので、日単位で学習時間とられるってことはないんですが、学習時間は開発プロセスでとても時間取られるところ。

実験ログをとるべしって話も出ていましたが、変数増減させるたびにjupyterのファイルを増やすってのが自身のやり方。

過去の実験のパラメータや精度を忘れがちってのはあるあるなのかな

見返すって大事

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中